地域ねこ活動についての話し合い

2015-07-22
奈良市のA団地にて自治会役員さん達とお話合いがありました。
 7月19日16:30より A団地集会所にて
 ・参加者
 自治会役員さん   3名
 団地住民有志    1名
 当会より        3名
この地域では、猫が増えてトラブルが多発しているとの複数の住民さんからの相談が寄せられており、TNRを先行してきました。
・去勢避妊手術・・・ 21頭
・子猫保護・・・・・・3頭   
確認済の猫のうち数頭を残すのみとなりました。
この実数とトラブル対応などの経緯及び今後の課題について説明させていただきました。
TNRの意味と意義、繁殖制限の重要性などについて詳しくお話させていただきましたところ、地域ねこへの取り組みについて住民の皆さんへの周知をお引き受け頂きました。また、団地のペット禁止規則と地域ねことは別問題であることをご理解頂きました。
団地内で見かけられた猫の耳にVカットがあれば、その猫は不妊手術済であることを知って頂くことはとても意味のある事だと思います。
また、TNR全体と餌やりについては概ねご理解頂けたようです。
今後は、この地域から周辺地域への展開を模索中です。
関連記事
カテゴリ :TNR 活動報告 トラックバック:(-) コメント:(0)
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>